韓国も日本と同様に愛犬家が多いという話

MENU

我が家のドッグフード選びについて

昔飼ってた犬は外犬だったし、かなり昔ですから汁かけ御飯でたまに豚の大腿骨をあげていた記憶があります。

 

それでも長生きしてくれた方だと思っています。始めて室内犬を家に迎え入れた時、まず居場所とトイレと水とドッグフードを用意しました。

 

最初のドッグフードはペットショップが試供品でくれたモノでした。ふやかして与えましたが、あまり食いつきが良くなくて、健診に行った動物病院でも、置いてあった試供品をもらってきました。もともと食の細い子だったのかも知れませんが、身体に良い成分とか自然派食品とかいわれても犬自身が食べてくれないと、どうしようもないので本当に困って色々試しました。

 

犬用のフリカケをまぶしたり、牛乳をかけたりもしてみました。

 

ドッグフードの足りない分を、犬用オヤツで補充しましたが余計ドッグフードを食べなくなるので、スグにやめました。両親が食べない犬をかわいそう思って、自分たちのお菓子やオカズを少々分けてあげていました。

 

塩分や糖分などを説明してやめるように言いましたが、陰であげていたようです。余計にしっかりドッグフードを食べてもらえるようにしなければ、という思いが強くなりました。犬はガッついて食べるものだと思っていたので、食事で苦労するとは考えてもいませんでした。散歩に連れて行ってたくさん歩かせても、食べる量はかわらず、いつも少し口をつけて終了してしまいました。

安定して食べてくれたドッグフード

ペットサロンにカットに連れて行った時にオススメされたのが、ナチュラルバランスというフードでした。味も色々あり粒も小さめで、ウチの子には合ったようです。飽きてきたら違う味に変えたりしながら与えています。

 

成分も安心出来るものでした。その後、軽度のアレルギーもある事がわかりましたが、アレルギー用のフードもあって安心しています。

 

シニア用もあるようなので、良いドッグフードに出会えて本当に良かったと思っています。